技術的背景

  • 1.想念技術
  • 生物の意識は電気や電波技術を介在させなくても空間を隔てた物体に影響を及ぼします。
    この原理を用いて様々な生物(動物、昆虫、植物、微生物)とのコミュニケーションを図ったり、人工的なセンサーなど装着せずに想いをコンピュータに届ける試みがはじまっています。

      Thinking technology

      Biological consciousness affects objects separated in space without using electricity or radio wave technology.
      Using this principle, we are trying to communicate with various organisms (animals, insects, plants, microbes), and experiments have begun to send “thoughts” to computers without using sensors.

     

  • 2.高電圧高周波
  • テスラコイルに代表される高電圧・高周波の技術に関する資料です。
    これらは次世代の重力技術や無線技術の基礎となります。

      High voltage high frequency

      Technical data on high voltage and high frequency represented by Tesla coil.
      These are the foundation of the next generation of gravity and wireless technologies.

     

  • 3.次世代無線技術
  • 無線通信に有用な波動発信・変調技術について未開拓の分野が存在します。
    シールドを貫通するクーロン放射や、高速伝搬する特殊な波などを利用した新たな無線通信の可能性が見えてきました。

      Next-generation wireless technology

      There are unexplored fields in wave transmission and modulation technology that can be used for wireless communications.
      There is the possibility of new wireless communication using Coulomb radiation that penetrates the shield and special waves that propagate at high speed.

     

  • 4.重力制御
  • かつて天然の光(太陽)だけが私たちの生活環境を明るく照らす光でしたが放電管・白熱電球・LEDなどの照明装置の発明によって人工的に光を生み出すことができるようになりました。

    わたしたちは、重力も同様だと考えています。
    重力場は、今は天然にしか存在しないと考えられていますが、そのメカニズムを明らかにすることにより人工的に生み出したりコントロールできるはずです。

      Gravity control

      The sun used to illuminate us brightly, but it has become possible to artificially obtain light through the invention of lighting devices such as discharge tubes, incandescent bulbs and LEDs.

      I think that gravity is the same.
      The gravity field is considered to be only natural, but it should be artificially created and controlled if the mechanism is clarified.

     

  • 5.次世代エネルギー
  • 人類の存続にとってエネルギーの確保は最優先課題です。
    新たなエネルギー資源や、気象エネルギーの開発も盛んに行われていますが、それらとは別に安定したエネルギーを手にする可能性もあります。

      Next-generation energy

      Ensuring energy is a top priority for the survival of humanity.
      New energy resource exploration and meteorological energy development are being carried out, but there is a possibility that other stable energy can be found.

     

  • 6.次世代動力
  • 惑星間や恒星間を自由に航行するには内燃機関や推進剤による動力に依存することはできません。
    これを可能にするためには力場が生み出す推進を手に入れる必要があります。

      Next-generation power

      To travel freely between planets and stars, we can not rely on internal combustion engines or motive power using a propellant.
      To make them possible, it is necessary to obtain a propulsion method using a force field.

     

  • 7.常温核変換技術
  • かつて「常温核融合」と呼ばれていた核変換技術について収録しています。
    常温核変換は物質やエネルギーの生成に役立つ技術です。
    起動に大きなエネルギーを必要とする熱核融合とは異なり生物の細胞内でも起こっているので生物にやさしい核技術です。

      Cold nuclear transmutation technology

      I file about nuclear transformation technology that was once called “cold fusion”.
      Cold temperature transmutation is a useful technology for producing matter and energy.
      Unlike thermonuclear fusion, which requires a large amount of energy to start up, the phenomenon occurring in the cells of living organisms is nuclear technology that is kind to living organisms.

     

  • 8.宇宙探査
  • 過去の宇宙探査の情報が収録されています。
    これらは今後の宇宙開発の目的を決める判断材料となります。

      Space exploration

      Past space exploration information files.
      These will be the basis for deciding the purpose of future space development.

     
    トップ画面に戻る